ゼニカルは通販で購入することができます。

ゼニカルで油分吸収拒否宣言

ゼニカルを手に入れるには

ゼニカルはさまざまな面で魅力的な医薬品ですが、日本ではまだ認可が下りていません。

認可が下りていない医薬品は販売することができないので、ゼニカルは日本国内で購入することはできません。

では、一体どのようにしてゼニカルを手に入れたらいいのでしょうか。

ゼニカルの手に入れ方をご紹介します。

病院で処方される

ゼニカルは日本国内で購入することはできませんが、病院で処方してもらえる場合があります。

ゼニカルを処方してもらえる病院は、ダイエット外来や肥満外来を扱っている病院です。

場合によっては美容外科や美容皮膚科で処方してもらうこともできますが、ダイエット外来や肥満外来を利用するほうが確実といえるでしょう。

しかし、病院で処方してもらう場合、肥満に伴う医学的な問題がない場合は保険適用外になるので注意しましょう。

病院で処方してもらう場合、気になる価格は大体8000円から19000円ほどになります。

利用する診療科によって違いがあるので、少しでも安くゼニカルを処方してもらいたい場合、事前にゼニカルの処方価格について調べておきましょう。

個人輸入代行サイトで購入する

より手軽にゼニカルを手に入れたい方にオススメなのが、個人輸入です。

海外の業者から直接ゼニカルを購入すれば、病院で処方してもらうときよりもはるかに安い価格で手に入れることができます。

現在では個人輸入代行サイトが登場しているため、通販のような感覚で個人輸入をすることができます。

実際にゼニカルを飲んでいる方のほとんどは、個人輸入代行サイトを利用しています。

個人輸入代行サイトを利用すれば、必要な手続きや海外業者とのやりとりなど、面倒な部分は全て業者の方にしてもらうことができます。

英語のスキルに自信がない方や、はじめて個人輸入をする方でも、安心してゼニカルの個人輸入をできます。

より手軽に、そしてお得にゼニカルを手に入れたい場合は、ぜひ個人輸入代行サイトを利用しましょう。

個人輸入のメリット・デメリット

個人輸入代行サイトの登場により、医薬品の個人輸入をする方は昔よりも増えました。

だんだん一般化しつつあるといえますが、そもそも個人輸入にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

個人輸入のメリットの中で、もっとも大きなものが「価格が驚くほど安くなる」「自宅で簡単に薬を購入できる」の2点です。

病院で薬を処方してもらうと、診療費が込みになるのでどうしても高くなってしまいます。

しかし、個人輸入なら診療費が必要になることはなく、必要になるのは薬代のみです。

インターネットに繋がった端末があれば、仕事が忙しいときでも気軽にゼニカルを注文することもできます。

価格面、手間の両方から見て、個人輸入は非常にお得といえるでしょう。

しかし、個人輸入にはデメリットもあるので注意が必要です。

個人輸入で購入した商品は海外から送られてきたあと、一度税関へ行き、業者の下へ送られてから手元に届きます。

そのため、注文した商品が手元に届くまでには少々時間がかかります。

大体2週間ほどの時間が必要なので、急いでいるときに利用するのはあまりオススメできません。

個人輸入でゼニカルを購入するときは、余裕をもって注文するように気をつけましょう。

おすすめの通販サイト

個人輸入代行サイトは今、インターネットで話題になっています。

さまざまなサイトが登場しているので、はじめて個人輸入代行サイトを利用する場合、どこを利用すればいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

これから新たに個人輸入代行サイトを利用するときは、多くの人に利用されているサイトを選ぶのが一番です。

さまざまな個人輸入代行サイトの中で、オススメなのが「お薬110番」です。

お薬なびは、多くの人に利用されている有名な個人輸入代行サイトの一つです。

はじめて利用する人向けに利用ガイドが用意されているため、買い物手順や消費税・関税など、気になる部分を事前にチェックすることができます。

はじめてでも安心して利用できる個人輸入代行サイトを探している場合は、ぜひお薬なびを利用しましょう。