ゼニカルには価格の安いジェネリック薬があります。

ゼニカルで油分吸収拒否宣言

ジェネリック薬とは

ゼニカルは先発薬だけでなく、さまざまなジェネリック医薬品も作られています。

日本ではあまり聞き馴染みがありませんが、ジェネリック医薬品とは先発薬の特許が切れたあとに作られる薬です。

先発薬のように有効成分の開発に金や時間をかけていないので、開発費を回収する必要がなく、安い価格で購入できるという特徴があります。

さらに、含まれている有効成分やその配合量は先発薬と同じになるように作られているので、先発薬と同じ効き目を期待できるという魅力もあります。

そのため、先発薬からジェネリック医薬品に切り替えるだけで、薬代を上手に節約することができます。

オルリファスト

ゼニカルのジェネリック医薬品は、さまざまな種類があります。

その中でも特に人気があるのがオルリファストです。

これからゼニカルのジェネリック医薬品を試してみようかなと考えている方は、まずはオルリファストを手に取ってみてはいかがでしょうか。

オルリファストは、ロイド・ラボラトリーズ社が製造、販売しているゼニカルのジェネリック医薬品です。

ゼニカルと同じ成分と配合量になるように作られており、オルリスタットの作用で約30%の脂質の吸収を抑えます。

用量は120mgと60mgの2種類が作られており、1箱大体3000円程度の価格で購入できます。

ゼニカルよりもうんと安くなるので、一時期、全米でゼニカルよりも販売数が多かったこともあるようです。

つまり、ゼニカルのジェネリック医薬品の中でも、多くの人に選ばれている商品ということになります。

また、オルリファストを製造しているメーカーは有名な製薬会社の一つです。

海外の製薬会社の中で、信頼できるところの一つといえるので、海外製の医薬品をはじめて使う方でも比較的安心して使えるのではないでしょうか。

ゼニカルと同等の効果をできるだけ安く得たい方は、個人輸入代行サイトを利用して、オルリファストを選ぶことをオススメします。

オルリガル

ゼニカルのジェネリック医薬品は、オルリファストだけではありません。

ハブファーマ社から販売されているオルリガルも、ゼニカルジェネリックの一種です。

オルリガルはゼニカルと同じ、オルリスタットを主成分にして作られたジェネリック医薬品です。

用量は120mgのものが作られており、大体9000円ほどの価格で取り扱われています。

1カプセルあたりの値段で考えると、オルリガルならゼニカルよりも20円安く購入することができます。

利用する個人輸入代行サイトによっては、さらにお得な価格で販売されていることもあります。

さらに、オルリガルのまとめ買いをすれば、送料無料や割引などのサービスを受けることもできるので、もっと安い価格になる場合もあります。

少しでも安い価格でオルリガルを手に入れたい方は、複数の個人輸入代行サイトをチェックするようにしましょう。

基本的な服用方法はゼニカルと同じです。

1回につき1カプセルを水やぬるま湯と一緒に服用するだけでいいので、今までゼニカルを使っていた方も安心して切り替えることができます。

今までゼニカルを使っていたけれど、薬代が気になるからジェネリックに切り替えたいという方は、オルリガルを手に取ってみてはいかがでしょうか。

オベリット

ゼニカルは人によっては、効果が強く現れすぎてしまう場合があります。

効果を強く感じたけれどゼニカルを使いたい、という方にオススメなのがオベリットです。

心当たりがある方は、オベリットを手に取ってみてはいかがでしょうか。

オベリットはインタスファーマ社から販売されている、ゼニカルのジェネリック医薬品です。

用量は60mgのもののみになっているため、120mgのゼニカルよりも効果が緩やかという特徴があります。

そのため、普通のゼニカルでは効果が強く感じるという方でも、オベリットなら安心して服用することができます。

また、ゼニカルが気になるけれどいきなり服用するのは不安という場合、まずはオベリットで試してみることもできます。

一度ゼニカルの効果を試してみたい方や、もう少し緩やかに効いてほしいとお考えの方には、オベリットをオススメします。

配合量が少ないと本当に効果があるのか、心配になる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ゼニカルにはもともと「効きすぎてしまう」という問題点がありました。

オベリットは有効成分の量を半分にすることで、その問題点を改善したジェネリック医薬品であるといえます。

配合量は少なくても十分な効果を実感することができるので、安心して服用することができます。

ビーファット

インタスファーマ社から販売されているゼニカルのジェネリック医薬品は、オベリットだけではありません。

インタスファーマ社製のゼニカルジェネリックには、ほかにもビーファットがあります。

ビーファットは1錠あたり、オルリスタットが120mg含まれています。

これは普通のゼニカルと同じ用量なので、今までゼニカルを使っていた方も安心して服用することができます。

肝心の価格は大体5000円ほどで、個人輸入代行サイトによってはもう少し安い価格で販売されている場合もあります。

1箱あたりの量が少ないため、少量から注文できるというのがビーファットの魅力です。

一度にたくさんの量が届いても使い切れるかわからない、という人にとって、ビーファットは適しているといえます。

少量注文したい方は、ゼニカルではなくビーファットを選ぶことをオススメします。

ビーファットを製造しているインタスファーマ社は、インドの製薬会社の中では比較的新しい会社です。

しかし、本拠地があるインドでは、すでに医薬品シェアの多くを占めています。

信頼性も十分にあるといえるので、信頼できる製薬会社でゼニカルジェネリックを買いたいという方にもオススメです。

ゼニカルジェネリックを少量から注文したい場合は、ビーファットを選びましょう。

フォビカル

ビーファットと同じように少量から注文できるものは、フォビカルもあります。

フォビカルは、インドの製薬会社の一つであるサバメディカ社から製造、販売されています。

用量はゼニカルと同じ120mgとなっており、同じ効き目を期待することができます。

1箱あたり10カプセル入っているので、少量を注文したいという方向けです。

個包装されているため気軽に常備することができ、突発的な食事会があったときのためのお守りにすることもできます。

また、フォビカルは高品質と安価な価格を両立させているという特徴があります。

先発薬と遜色ない品質の高さになっているため、医薬品を使うときはどうしても品質が気になってしまうという方も安心して服用できます。

気になる価格は10カプセル入りのもので大体4000円ほどになっています。

個人輸入代行サイトによっては、さらに安い価格で取り扱われていることもあるので、価格面が気になる方にもオススメです。

しかし、その安さからフォビカルを選ぶ方は多く、さまざまな個人輸入代行サイトで品薄状態が続いています。

ゼニカルからフォビカルに切り替えようかなと検討している方や、安いフォビカルを試してみたいとお考えの方は、できるだけ早く注文することをオススメします。