ゼニカルの効果とその副作用についてご説明します。

ゼニカルで油分吸収拒否宣言

ゼニカルの効果

ゼニカルは効果が高く、きちんと使えば簡単に痩せられるといわれています。

ダイエットをしている方にとって、その謳い文句は非常に気になるものでしょう。

しかし、具体的にはどのような効果があるのか知らないと、本当に痩せられるのか疑わしく感じてしまいますよね。

ゼニカルを実際に手に取ってみる前に、その効果について詳しく知っておきましょう。

ゼニカルの効果は、とても簡単に説明すると吸収されるはずだった脂質を吸収されないようにし、体外へ排出するというものです。

ゼニカルに含まれている有効成分、オルリスタットは腸の中にある脂質分解酵素の働きを阻害する作用があります。

本来ならこの酵素の働きによって、摂取した脂質が分解され、体に吸収されていきます。

しかし、ゼニカルを飲めば、本来吸収されるはずだった脂質の約30%がそのまま体外へ排出されます。

そのため、脂っこい食事や脂質の多い食事をしたときに高い効果を発揮します。

脂質が多い食事を好んでいる方にとって、ローファットダイエットは苦しいものになりがちです。

ゼニカルがあれば好きなものを無理に我慢しなくても、しっかりとダイエットを続けることができます。

無理をせずにローファットダイエットをしたいと考えている方は、ぜひゼニカルを使いましょう。

ゼニカルの作用機序

ダイエットに挑戦する方々にとって、非常に頼りになるゼニカル。

しかし、その効果はどのような仕組みで発揮されているのでしょうか。

効果だけでなく、その作用機序について知っておくことができれば、より安心してゼニカルを使うことができるようになります。

ゼニカルの効果だけでなく作用機序についても知り、ゼニカルについての理解を深めておきましょう。

人間の体の中にはさまざまな消化酵素があり、この酵素の働きによって栄養素を分解し、体に吸収されています。

脂質の分解にはリパーゼという脂質分解酵素が関係しており、脂質の分解と吸収にはリパーゼの働きが必要不可欠です。

つまり、リパーゼの働きを抑えることができれば脂質の吸収を抑え、余分な脂質が体につくのを防ぐことができるようになります。

ゼニカルは腸の中に運ばれると、リパーゼに作用してその働きを阻害します。

脂質はリパーゼの働きがないと分解されないため、分解されなかった脂質はそのまま便として体外に排出されます。

このように、ゼニカルは脂質の吸収の根本的な部分に作用することで、効果的に痩せられるようにします。

脂質以外の栄養素には効果を発揮しないので、ゼニカルを服用するときはその点に注意しましょう。

ゼニカルの副作用

ゼニカルのメリットはとても大きいものですが、メリットばかりではありません。

ほかの医薬品でもそうであるように、ゼニカルにはさまざまな副作用が報告されています。

効果が高い医薬品を使うときは、どのような副作用があるのか知っておくことも大切です。

ゼニカルへの理解をさらに深めるためにも、安全に使えるようにするためにも、ゼニカルの副作用もしっかり確認しておきましょう。

ゼニカルの副作用として報告された症状のうち、もっとも多いのが下痢や軟便です。

ゼニカルは本来吸収されるはずだった脂質のうち、約30%を便と一緒に体外へ排出します。

吸収されなかった油や脂質が便に混じることにより、下痢や軟便を引き起こしやすくなるようです。

ふとしたときに油が出てしまうこともあるので、ゼニカルを服用するときはこれらの副作用への対策が必要です。

また、脂溶性ビタミンの不足も副作用として報告されています。

ビタミンには水溶性と脂溶性があり、脂溶性ビタミンは脂質に溶ける性質があります。

つまり、ゼニカルの作用によって脂質が吸収されずに排出されると、そこに溶け込んでいた脂溶性ビタミンも一緒に排出してしまいます。

ビタミンが不足すると体の代謝が悪くなり、さまざまな体調不良が引き起こされるので注意しましょう。