ダイエットをするには、脂肪分を減らすのが一番です。

ゼニカルで油分吸収拒否宣言

ダイエットの王道、ローファット(低脂肪)

誰もが一度は経験したことがあるだろうダイエット。

ダイエットの方法はさまざまなものが紹介されており、新しいものが登場するたびに話題になっています。

新しいダイエット方法が登場すると、実際に試してみているという方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

いろいろなダイエット方法の中で、王道といえるのがローファットダイエットです。

ローファットというのは低脂肪のことで、脂質を抑えた食事と運動を組み合わせることで体を引き締めるというものです。

脂質は糖質やタンパク質に比べると、エネルギーに変わりにくく、カロリーが高い栄養素です。

この脂質の摂取を抑えることで「体に無駄な脂肪分を溜めない」「カロリー摂取を抑える」というのが、ローファットダイエットの目的です。

現在、日本でもっとも有名なダイエット方法は糖質制限ダイエットです。

糖質制限ダイエットはかなりの効果を発揮しますが、主食の大半を食べることができないので、負担が大きいという問題点があります。

しかし、ローファットダイエットなら制限するのは脂質なので、糖質を含む食品を摂取しても問題ありません。

過度な負担を感じずにダイエットをしたいという方には、ローファットダイエットをオススメします。

ローファット(低脂肪)ダイエットのメリット

ダイエット方法には、それぞれメリットやデメリットがあります。

これから新たにダイエットを始めるときは、やり方だけでなく、どのようなメリットがあるのかもチェックしますよね。

はたして、ダイエットの王道であるローファットダイエットのメリットとは、一体どのようなものなのでしょうか。

ローファットダイエットのメリットとして、真っ先に挙げることができるのが「糖質や炭水化物を摂取しても大丈夫」という点でしょう。

炭水化物や糖質を含む食品が好きな方の場合、糖質制限ダイエットをすると大きなストレスを感じてしまいます。

しかし、ローファットダイエットなら、炭水化物や糖質を摂取することができます。

これにより体が糖質不足になりにくく、体の筋肉からエネルギーを生成する必要がなくなるので、筋肉をあまり落とさずにダイエットができます。

また、ローファットダイエットは停滞期に入ったとき、チートデイを取り入れることができます。

チートデイというのはカロリーを気にせず、なんでも好きなものを食べる日で、これを挟むことによって停滞期を素早く乗り越えることができます。

食事制限のストレスを緩和する効果も期待できるので、ダイエットを続けやすくなります。

できるだけ長続きしやすいダイエット方法をお探しの方にはオススメです。

ローファット(低脂肪)ダイエットのデメリット

ご紹介したように、ローファットダイエットにはさまざまなメリットがあります。

しかし、ほかのダイエット方法と同じように、ローファットダイエットにはデメリットもあります。

メリットばかりに注目すると、思ったような効果が得られないということになってしまいがちです。

そのようなことを防ぐためにも、ローファットダイエットにはどのようなデメリットがあるのかも確認しておきましょう。

ローファットダイエットは、脂質の摂取を抑えることで一日の摂取カロリーを制限します。

食事の内容も炭水化物を中心としたものになるので、血糖値の上下が起こりやすくなります。

これにより空腹感を感じやすくなるので、ローカロリーの食品で空腹対策をする必要があります。

また、ローファットダイエットには即効性がありません。

時間をかけて少しずつ体脂肪を落としていくので、効果を実感するまで、どうしても時間がかかってしまいます。

極端な食事制限をしなくていいので、ストレスによるドカ食いやリバウンドを防ぐことはできますが、即効性を求めているときにはあまり適していません。

ローファットダイエットはメリットだけでなく、こういったデメリットがあることもしっかり頭に入れておきましょう。

糖質制限ダイエットとの違い

王道的なダイエットとして多くの人に知られてきたローファットダイエットと、即効性があることから人気が高まっている糖質制限ダイエット。

現在の日本では、さまざまなダイエット方法の中で糖質制限ダイエットが主流になりつつあります。

しかし、糖質制限ダイエットは体にかかる負担が大きいため、ローファットダイエットのほうが優れているという声もあります。

どちらも有名なダイエット方法ですが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。

ローファットダイエットと糖質制限ダイエットの違いをご紹介します。

まず、これらのダイエット方法の大きな違いは制限する栄養素の違いです。

ローファットダイエットでは脂質を、糖質制限ダイエットでは糖質を制限します。

制限する栄養素の違いが、もっとも大きな違いといえるでしょう。

また、ローファットダイエットで制限することになる脂質は、油脂や脂肪分の多い肉、乳製品などに多く含まれています。

そのため、ローファットダイエットではこれらの食品の摂取を控えることになります。

一方、糖質制限ダイエットで制限する糖質は、さまざまな食品に含まれています。

制限しなくてはならない食品が多いので、食べられるものがかなり限定されてしまいます。

このように、ローファットダイエットと糖質制限ダイエットには、制限する食べ物が多いか少ないかといった違いもあります。

ボディビルダーの減量方法

ダイエットに挑戦するときに、ぜひ参考にしたいのがボディビルダーの方々です。

実はボディビルダーはダイエットの教科書と呼ばれており、より効果的なダイエットをしたいときに参考にすることができます。

ボディビルダーの方々は減量期に入ると、体についた筋肉は落とさないようにしつつ、体脂肪を落とします。

そのために食事内容を高タンパク・低カロリーのものへ切り替え、体の機能を維持するために必要なビタミンやミネラルといった栄養素もしっかり摂取します。

ここに筋トレを組み合わせることで、筋肉量は維持しつつ、余分な体脂肪を落としていきます。

ローファットダイエットでも同じように、脂質の摂取を抑えることで摂取するカロリーを少なくします。

そのため、ローファットダイエットはボディビルダーの減量方法に近いダイエット方法であるといえるでしょう。

多くのダイエット方法では、体脂肪と一緒に筋肉も落ちてしまうため、ダイエットに成功しても疲れやすくなってしまいます。

しかし、ローファットダイエットなら体に必要な筋肉を残しつつ、体脂肪のみを効果的に落としていくことができます。

疲れやすくなったりすることなく、ダイエットを成功させたいとお考えの方は、ぜひローファットダイエットに挑戦してみましょう。